年の差、子なし夫婦の未来☆

一回り離れた旦那をもつパート主婦(30半ば)。人生を2人で穏やかに生きていくため、健康・お金・幸せについて考え行動していくブログ

頭の中からたい焼きが出て行かない。それは、あるからさ。

22日に頂いた、5つの冷凍たい焼き。その日から私の戦いは始まった。

 

 

<22日:たい焼きが頭の中を独占>
旦那1つ、私2つ食すkotukotu-day.com

 

<23日:たい焼きが頭の中をうろちょろ>
残り2つ

kotukotu-day.com

 

<24日:胃の不調でも、たい焼き食べたい>
残り2つ

kotukotu-day.com

 

そして今日、
<25日:頭の中、たい焼きからの解放>
残り0

f:id:kotukotu-day:20200825210749j:plain

旦那と私と1つずつ食べて、家の中からたい焼きがいなくなりました。

 

いや~数日、頭の中にずっとたい焼きがいらっしゃいました。

 

「食べたいな、今はダメだよな。」

「食べたいな、いつ食べようかな」

「食べたいな、どうしようかな」

 

何をしているにも、頭の中から完全にいなくならないのです。

f:id:kotukotu-day:20200825211452j:plain

 

なぜかって、手の届くとこにあるからさ。

 

食べてしまったら、もう大丈夫!もう、ないからさ。

 

家にお菓子があると、頭の中がお菓子に引っ張られる私のような状態の人は、お菓子を家に入れないに限ります。

 

入れた瞬間、食べるか食べないか、いつ食べるか、悩みが始まります。

 

肯定的に食べれたときはまだいいですが、誘惑に負けて食べてしまったと感じた日には、自己否定感や後悔がうまれます。

 

「意思が弱い」から食べてしまうというより、「誘惑が多い」から食べてしまってるんです。そして、甘いものが好きな人にとってこの誘惑は、ものすごい魅力的なものなんでよね(;´∀`)

 

 

自制心を働かせるよりも、自制心を働かせなければいけないものに近寄らない。そんな、環境を自分に用意しなきゃですね。

 

 

 お菓子の頂き物は感謝して、他に譲る
そもそもお菓子を食べないことを公言する
1口分だけありがたくいただく

 

私たちはみんなデザイナーだ。自分の環境をデザインする。自分に合う、居心地のいい場所を作り上げていきましょう(●´ω`●)オォー