年の差、子なし夫婦の未来☆

一回り離れた旦那をもつパート主婦(30半ば)。人生を2人で穏やかに生きていくため、健康・お金・幸せについて考え行動していくブログ

無駄なお菓子を買わないで、本を買おう!!読書をすると、なんだか自己肯定感がアップした気がするよ!

月の無駄なお菓子代いくらですか?

 

私は多い時は、6000円ほどでした。

 

1500円ほどガバッと買って、がバッと吐いていました。

 

もったいない。

 

そんなもったいないお金の使い方をしていたのに、600円の小説1冊買うのがもったいないと思っていました。

 

小説なんか読まなくても生きて行ける

 

そう思っていました。

 

だけど、今は全く違う考えです。

 

読書は人生の友

 

そう思ってます(●´ω`●)

 

考えが変わったきっかけと、読書をおすすめする理由を紹介します。

 

 

 

f:id:kotukotu-day:20200916114706j:plain

 

コロナで暇すぎて本屋へ

 

緊急事態宣言が出た4月5月、仕事を休みました。不安が大きく家にこもっていました。

 

とはいえ、あまりにも暇すぎたので、暇をつぶすべく本を探しに本屋へ。(ネットで探しても何が読みたいのかさっぱり)

 

そこで1冊の出会いがありました。

 

垣谷美雨さんの「後悔病棟」

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

後悔病棟 [ 垣谷 美雨 ]
価格:759円(税込、送料無料) (2020/9/16時点)


 

小説を読むのは中学生の頃以来、20年ぶりです。

 

中学生の頃は、本を読んでるのがかっこいいような気がして数冊読みましたがすぐ飽きました。まんが派でした。

 

本自体は読んできましたが、ダイエット本や自己啓発本など、読まなければならないと思った本を読んでいました。

 

なので、読書が楽しいと思ったことは特にないです。

 

しかし、題名を見てワクワクドキドキ

 

「後悔病棟?私は、後悔がいっぱいな気がする。みんなはどうなんだろう?どう物語を収めるんだろう!!?読みたい!買おう!」

 

と思えたので迷わず購入しました。

 

そしたら、面白くてはまってしまいました(*´▽`*)

 

f:id:kotukotu-day:20200916114212j:plain

 

 

f:id:kotukotu-day:20200916115022j:plain

 

垣谷美雨さん三昧

 

新たな価値観を知る、視野広がる

 

様々な環境で生きている、いろいろな価値観の登場人物が出てきます。

 

自分と似ているタイプ、自分には考えられないタイプ、自分の周りにはいないタイプ。

 

いろんなタイプの人のいろんな感情や考えを、物語を通して疑似体験できるのが魅力です。

 

自分には経験できないこと、まだ経験する年齢にはきていないこと、それを登場人物を通して経験できることも魅力です。

 

「世の中にはいろいろな価値観の人がいる」

 

「人生いろいろ」

 

ということを、スッと理解させてくれます。

 

そして、自分の頭は凝り固まってないか、自分はどんな価値観を持ってるのかな、どんな人生を生きたいかな。と、考えさせてくれます。

 

本って読むものだと思っていましたが、考えるものなんだと気付きました。そこが面白い。

 

自己肯定感アップ

 

小説を読むことに関して、

 

  • 情景が浮かんでこない
  • 登場人物を把握できない
  • 自分には理解力がない
  • 読解力がない

 

そう思っていました。

 

これには原因があるんです。

 

「読むことがかっこいい」と思って、ただただなんか小難しそうな興味のない本を読んでは挫折していた時期がある。

 

これが原因ですw

 

自分に合った、自分の読みたいと思った題材の本を選べばきっと自分を卑下するようなことにはならない。

 

そして、それでも読めなかったら、作者と合わなかったことにしとけばいい(*´з`)

 

「読めない」が「読める」に代わると、「自分は読めるんだ!!本を楽しめる人間なんだ!!」となんだか自己肯定感がレベルアップした気がします。

 

 

老後の楽しみアップ

 

老後は旅を趣味に活動的に動きたいと思っています。

 

が、金銭的、体力的にもいつまでもそうはいかないと思うと「読書」は最高の友(趣味)になりそうです。

 

家にいても、外に世界に出かけられる。そんな気がします。

 

とはいえ、老後になってから「読書しよう!」と思い立っても、読書の習慣がなければままならないでしょう。

 

今のうちに、読書に慣れ親しんでおこうと思います。

 

好きな作者を何人か見つけて、その人たちが新刊を出すのを楽しみに過ごすのもいいですね。

 

ドラマや映画かされたら、それを見るのを楽しみにしてもいいですね!

 

読書を始めたことで、なんだか侘しかった自分の老後のイメージが明るくなりました。

 

まとめ 

 

無駄なお菓子にお金を使うよりも、本を読もう!

 

無駄なお菓子で脂肪を増やすよりも、本を読もう!

 

暇で食べちゃう人は、本を読もう!

 

 

本を読むワクワクドキドキ、本を読めた達成感がきっと自分をいい方向にひぱっていってくれるはずです。

 

あっ!!読書とお菓子を結びつけるような環境を作らない方がいいよ。読むと食べるようになっちゃうから(●´ω`●)