年の差、子なし夫婦の未来☆

一回り離れた旦那をもつパート主婦(30半ば)。人生を2人で穏やかに生きていくため、健康・お金・幸せについて考え行動していくブログ

砂糖依存:目の錯覚に脳が躍った気がする

こんにちは、こつ子です。

f:id:kotukotu-day:20200809141032p:plain

今日は朝あら、脳が砂糖に依存してると感じた出来事がありました。

 

旦那が「あっ!」といいながら、隣の部屋で自分の仕事鞄をゴソゴソしていました。

 

こういう時はたいてい、職場の方からのお菓子を持ち帰ってきてくれているのです。

 

なので私の心は、「仕方ないな。頂き物なら食べるしかない」と言い訳しながらワクワクモード。

 

旦那が戻ってきて、机の上にサッ置いたそれは、

 

私の大好物オレオ!1箱!

 

頭に一瞬何かが走った気がします。
快楽物質ドーパミンというやつか!?

 

しかし、その瞬間

 

f:id:kotukotu-day:20200809140924j:plain

 

・・・嘘だ。オレオだったのに。

 

「お菓子をもらってきた」なんて一言も言ってないのに、旦那にイラッと。そして、お菓子が食べたいお菓子が食べたいモードに突入。

 

イライラ、そわそわ。
やばい!これは、脳が砂糖による快楽を求めて暴走している。

 

とうことで、すぐに朝ご飯をしっかり食べました。炭水化物も野菜もタンパク質も。

 

すると、落ち着きました。良かった。

 

今のところ、私のお菓子食べたい食べたいモードには、バランスよくしっかり食べて食べてどうぞで対抗するのが一番の解決策です。

 

旦那がもし「オレオだよ」と言って、ギャッツビーを渡してきたら、キレてド突いてたかもしれないと思うとお菓子(砂糖)はまだ私にとって要注意なものです。

 

うまいこと付き合っていけるよう工夫したいです。

 

あっ、お付き合いをやめることは考えてません(●´ω`●)
お付き合いの程度と頻度をコントロールできるのが自分の目標です!!